観自在菩薩(かんじざいぼさつ)は、深(ふか)く般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)を行(ぎょう)ずる時(とき)、
五蘊皆空(ごうんかいくう)なりと照見(しょうけん)して、一切(いっさい)の苦厄(くやく)を度(ど)したまう。舎利子(しゃりし)、色(しき)は空(くう)に異(こと)ならず。
空(くう)は色(しき)に異(こと)ならず、色即(しきすなわ)ち是(こ)れ空(くう)、空即(くうすなわ)ち是(こ)れ色(しき)。
受想行識(じゅうそうぎょうしき)も亦復(またまた)是(こ)れの如(ごとし)し。
舎利子(しゃりし)、是(こ)の諸法(しょほう)は空相(くうそう)にして、生(しょう)ぜず滅(めっ)せず、垢(あか)つかず浄(きよ)からず、増(ま)さず減(へ)らず、
是(こ)の故(ゆえ)に空中(くうちゅう)には色(いろ)もなく、受想行識(じゅそうぎょうしき)もなく眼耳鼻舌身意(げんじびぜっしんい)もなく、
色声香味触法(しきしょうこうみしょくほう)もなく、眼界(げんかい)もなく、乃至意識界(ないしいしきかい)もなく無明(むみょう)もなく、
また無明(むみょう)の尽(つ)きることもなく、乃至老死(ないしろうし)もなく、また老死(ろうし)の尽(つ)きることもなく、苦集滅道(くしゅうめつどう)もなく智(ち)もなく、亦得(またとく)も無(な)し。
所得(しょとく)なきを以ての故(ゆえ)に、菩提薩捶(ぼだいさった)、般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)に依(よ)るが故(ゆえ)に、心(こころ)に罣礙無(けいげな)し罣礙無(けいげな)きが故(ゆえ)に、恐怖(きょうふ)あること無(な)し。
一切(いっさい)の顛倒夢想(てんどうむそう)を遠離(おんり)して、涅槃(ねはん)を究竟(くぎょう)す、三世(さんぜ)の諸仏(しょぶつ)、
般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)に依(よ)るが故(ゆ)に、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)を得(え)たまへり、かるが故(ゆ)に知(し)る
般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)は是(こ)れ大神咒(だいじんじゅ)なり、是(こ)れ大明咒(だいみょうじゅ)なり、
是(こ)れ無上咒(むじょうじゅ)なり、是(こ)れ無等等咒(むとうどうじゅ)なり、能(よ)く一切(いっさい)の苦(く)を除(のぞ)いて、真実(しんじつ)にして虚(こ)ならず。
かるが故(ゆえ)に般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)の咒(じゅ)を説(と)く、
即(すなわ)ち咒(じゅ)を説(と)いて曰(いわ)く羯諦羯諦(ぎゃていぎゃてい) 波羅羯諦(はらぎゃてい) 波羅僧羯諦(はらそうぎゃてい) 菩提薩婆賀(ぼうじそわか)

般若心経(はんにゃしんぎょう)                              

音読般若心経

快栄書

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved