近年、テレビで些細な事で感情的になり自宅を放火しお子さんを焼死させてしまった事件や
子どもに対して虐待をしてしまい取り返しの出来ない事になってしまった事件等々
殺伐とした内容が毎日のように報道されています。
その背景に心の問題が浮き彫りにされています。

そこで 『心の豊かさ』って何だろう?
『心の貧しさ』って何だろう?』
何をもって決めるのだろうか?
とそんな疑問を抱いている時に

偶然にも私の学生時代の大先輩でもあり恩師である
大塚秀高氏(現在 智山専修学院副院長)の著書
『「生(しょう)・死(じ)」の刹那(せつな)を生きる 仏教〈心理臨床〉講話』
という本が刷り上がりましたと出版社から送られ来ました。
その書の一節に次のように記されていました。

『-略-人の「心」の豊かさ・貧しさとは、
どのような事柄を指していうのだろか。
はたして人間の「心」に、豊かさや貧しさがあるのだろうか。
-略- 「心」の豊かさとは、一つの価値にとらわれない
「心」の有り様をさしているのかもしれない。
言いかえれば、新鮮にして柔軟な心の状態ではないかと思う。
何でもかんでも相手の要求を受け入れて、
相手の言いなりになってしまうことではない。
こうした柔軟な姿勢は、
心理臨床の世界でもしばしば求められることがある。』
と記されていました。
私も柔軟な心が真の心の豊かさでは無いかと思っています。
捕らわれない心。まさしく仏教のいう中道にあるのではないでしょうか。

                                         合掌


                                                 快 栄
Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved
150711

豊かさの尺度