先人の知恵


先日、久々に友人とともに富津海岸へ潮干狩りに行ってきました。
台風の後で、気温は上昇し非情に暑かったです。
台風の後であり、お客も少なくラッキー。
また、豊作でとても多く捕ることが出来ました。
潮干狩り後、美味しい昼食を食べ帰路に着き、
いつものように、収穫したアサリを海水に浸し日陰に置き、
翌日食べることを楽しみにしていました。
しかし、翌日確認をしてみると「異臭」が・・「なぜ?」
既に食べられる状態では無かったのです。
一緒に行った人も同様であり、食べられる状態ではなかったとの事です。

数日後、そのことを貝加工をしている檀家さんに話したところ、
「当日の高温が、海水の温度を上げてしまい貝が死んでしまった」との事でした。
ではどうしたら良いかを尋ねたところ
「天候によって、2時間くらい海水浸したら水で洗い冷蔵庫に入れて保管する」といいとのことでした。
このような知恵は私のような凡人には思いもつかず、
さずがその道のプロ、先人からの知恵ですね。
結論は、疑問に思ったことはその道のプロに尋ねることが一番ですね
今度このようなことがあったら、先ずどうしたら良いかを尋ねることにします。
よき教訓になりました 
(^o^)





1407 快栄

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved