知と知恵


一つ頭の体操をしてみてください。
ここに一枚の新聞紙があります。
これをどのように使いますか?

近年パソコンや携帯電話等々から様々な情報を得ることができ、
「知」の向上は容易なくできるようになっています。
しかし、その知識を実際に生かすことはなかなか難しいものですよね。

ノーベル賞を受賞される方はまさしく知り得た「知識」を生かし新しいものに変える。
まさしく知恵への発想がたけたものであると言えますよね。
つまり、知恵として知を生かす
このような、人並み以上に優れた優秀な方々ではなく、
それぞれの専門分野で長年精進している方々にも、
その知恵に感動させられることが多々あります。

仏教用語では智慧と書きます。
真理をを明らかにし、悟りを開く働き、叡智。
六波羅蜜の第六の物事をありのままに観ることによって、
思考に依らない、本源的な智慧を発現させることいいます。
また、「慈悲」と対にして用います。
つまり、智慧は自分のものだけに使わず、
みんなの為に生かすことが大切になります。

冒頭の問題は幾通りの発想が出てきましたか?
多い人は、20〜30通りの使い方が容易に出てきたのではないでしょうか。
これも、知から知恵の発想です。

合掌

快栄

1011

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved