教えられて育つ(けじめ)


最近、法事を通して感じられる事に、子供の躾につて疑問を抱くことが多くあります。
家庭にはそれぞれの躾の仕方があります。それは致し方ありません。
先日こんな事がありました。
法要中4才の子供が本堂を体育館代わりに駆け回り、そのうち誰かが注意するのだろうと思っていましたが、
子供の行動は激しさを増すばかりで太鼓の鉢で遊ぶ始末でした。
それであっても親族の方は全く注意をしようとする事なく思わず読経中でしたが中断し、
「ご先祖さまのご供養中ですので、一時お子さんを膝に抱えていただけますか」と親御さんにお願いをいたしました。
すると、親御さんが立ち上がり抱っこをして静かになり再開できました。
終了後、「よく我慢したね。では、いっぱい遊んでいいよ」と言ったら、親御さん、お子さん共々ニコッと素敵な笑顔を見せてくれました。

この一件で、最近の親御さんは子供に対して注意をしない傾向があるのか??
一昔は、親が注意をしなくても他の大人が諭すことが日常に行われていた。
私もそれで教えられた事が多くある。
今は、良しとして注意しても子どもより親から「何でうちの子に注意をするのですか」と
逆にお叱りをいただくことがある。あなたもこんな経験をされたことがあるのでは・・・。

「けじめ」ということはその場にあった行動をいいます。
それを教えられるのは、一番は両親、次はそれを見ている大人です。
まず、大人がけじめを認識することから始まるのではないでしょうか。

合 掌

0909快栄

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved





0909