絶妙

仏教では、この世の中を「一切皆苦」すなわち「すべてが苦しみにみちている」と見ています。
人間は「楽」を求める。しかし、そこに至るためには様々な「苦」をのりこえなければなりません。また、一旦「楽」を得たように見えても、それはかりそめのもので、やがてそれを失い、このように「苦」を思いわずらうこと自体が「苦」そのものという考えです。
 では、どうしたら「苦」から離れることが出来るでしょうか。
仏教では、「苦楽平等」つまり、「苦も楽も同じもの」と教えています。ある有名な武将の言葉に「苦を常のごとく思え」ということが残されています。
また、元読売ジャイアンツの長嶋監督は、「常にプラス思考で考える」と言っています。
 受け止め方一つで「苦」に対する感じ方が変わってきます。せっかく受けた生命プラス思考で楽しく過ごしたいものですね。

快栄
0801
Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved