誕生と老い

昨日、とてもすてきな老夫婦に出会いました。

私が、いつのように通勤し歩いていると前にゆっくり歩いている老夫婦が目に止まりました。

奥さんが多少、お体が悪いようでそれを旦那さんが優しくサポートをしていました。これは、ごくありふれた光景と思いますが、ちょっと違っていたことは、奥さんが歩くのに疲れ立ち止まると一緒に旦那さんも立ち止まり一緒に深呼吸をしていました。そして、数分後再び歩き始め数十メートル進むと再び休憩。そして、一緒に深呼吸。まるで我が幼子を守るかのように・・・。

「なかなかすてきなご夫婦だな。」と、少し見とれてしまいました。そこに偶然にもお腹を大きくした若い奥さんが前から来られ、はっと我に返りました。誰でも母親のお腹から生まれ、老いていく事を・・・・。

「誕生し老いて行く、そして新しい生命が誕生する」と人間界の生を目のあたりにした思いでした。(いつも、デジカメを持ち歩いているのですが、旧式のためシャッタチャンスに間に合いませんでした。)

あなたも含め、私達全ての人はまっしぐらに向かっていることがあります。それは「老い」です。

この世には、老いを経験せずに去る人が沢山います。いわば、「老い」を経験できることはとても素晴らしい事ではないでしょうか。

「オギャ。」と言っていまれた瞬間から、「老い」の始まりです。どうせ「老いる」のなら素敵に老いた方が良いですね。

それには、どうするか?と言いますと「欲にくらまず、人を受け入れ、老いを受け入れ、前向きに生きること。」ではないでしょうか。

まだまだ私には先の話ですが、まず、素敵に老いてそれからゆっくり終わりを考えたいと思っています。


0200快栄

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved