正見正思

先日、職場からの帰宅途中こんな光景に遭遇しました。

線路をはさんだ向こう側道路で女性の方が「泥棒!返してよ。泥棒!返してよ。」と騒いでいる声が聞こえました。

私はまた学生達がふざけて騒いでいるのかと思い何も気にとめませんでした。

しかし、次の瞬間であった。

女性が自転車を追いかけ、騒いでいるのではないか。前の自転車に乗った者は必死にペダルを漕ぎ、その女性から離れようとしている。

自転車を使ったひったくりの現場に遭遇したのでした。

私は、「本当みたいですね。」と前を歩いていた人に話しかけました。前の人は、呆気にとられ「本当みたいですね・・・。こんなことも本当にあるんですね。」との応答であった。

わたしと同様に呆気にとられ一瞬どうなっているのか判断が付かなかった様子でした。

その後追いかけようと廻りを見渡したところ、反対方面に出るには約100m程戻り、横断橋を渡らなければなりませんでした。

そんなこんだしている間に自転車に乗った者の姿はもう視界から消えていました。

私は、最初の一言でその状況判断が出来ていれば姿を見失うことなく向こう側にたどり着くことが出来たと思ったが後の祭りです。

帰りの電車の中でその状況を思い浮かべていたところ、ふと童話の「オオカミと少年」の話しを思いだしました。

自分の状況把握のまずさは言うまでもないですが、最近普段の若者達の会話に頻繁に「泥棒」とか「かっぱらい」等々の言葉を使って冗談を言い合っている光景にあうことが多くあります。特にテレビ等の番組でフィクションなのかノンフィクションなのか一瞬判断の付かないものさえあり、知らず知らす感覚麻痺状態になっているようです。

本当のことを言っても、まるで『オオカミと少年』の物語のように信じてもらえない感覚が私達自身に芽生えていることは怖いことですね。

あなたも、日常生活での感覚を純粋に受け止める感覚を忘れないでほしいものです。

まさしく、仏教でいう八正道でいう正見(正しい見解)正思(正しい思惟)ですね。

快栄

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved