布施とは、サンスクリット語の「ダーナ」の訳で、「与えること」を意味している。

布施 には色々な布施があることをご存じだろうか。一般的には、僧にお金などの金品や物をほどこす財施(ざいせ)を示すことが多いが、仏の教えをほどこす法施(ほうせ)などがある。では、財施も法施もできない者はどうすれば良いのだろうか。

ご心配なく、不安やおそれを抱いている人に対して、安心の施しをする無畏施(むいせ)がある。つまり、笑顔も顔施(がんせ)と言って一つの布施である。

ある日こんな出来事に出会った。

今日の高校生は、何のためらいもなくホームでの喫煙、電車の中では「我関せず」とボックスを占領をして生徒が多く見られる。

 もっとひどくなると、ボックスシートに座り土足のまま前の座席に足をのばしている者、車両のトイレに二人で入り喫煙をしている者等々悲しい限りである。注意をすると今流行の?迷惑そうに「うっせんだよ。」「うざっといんだよ。」と言わんばかり視線を合わせてくる。

 私は、そのような者ほどわざと隣に座るようにしている。それは、その生徒に対する対抗でも何でもない。ただ、「自分の行っている行為を考えて欲しい。」という気持ちの他にならない。当然、そこの座り心地は悪い。

 しかし、高校生みんながこのような不届き者ばかりではない。先日、所用で出かけた時ちょうど下校時間の電車に乗った。そこでボックスシートに一人で座り、対面の座席に鞄を置いて4人がけの座席を占領している高校生に遭遇した。私は、一駅の乗車と読みたい本があったので、「今日は、言葉をかけて不快な気持ちになるのも・・・。」という気持ちが働き、あえて席をあけさせて座ることはやめた。

 電車が出発し数分後、「すみません。すみません。」と私を呼んでいる声が聞こえた。振り向くとボックスを占領?している高校生からの声がけであった。何かあったのかなと思い。「どうした。」と思わず問い返した。すると、「どうぞ、座ってください。」と荷物をきちんと片づけてあった。思いがけないことばであった。うれしかったがあと数分後で目的地に着くので「次で降りるから・・・。ありがとう。」と答えた。降りる時に再度その言葉がけにお礼を言うと思いその生徒に視線をあわせた。彼は気恥ずかしそうに窓の方を見ていた。私は思わず声をかけることを止め下車してしまった。

 その時、私は「まだまだ高校生も捨てた者ではないな。」と一時心が和んだ。このような行為は、なかなか勇気のいることである。そして、自分の気持ちが充実していないと自然と出てこないものである。

 私は、あとで彼の布施に付さなかった自分に「(彼に対し)すまないことをしてしまった。」と自責の念に駆られてしまった。

 (この場をかりて、再びお礼を言いたい「本当にありがとう。そして、とても気持ちの良い出会いをありがとう。あの言葉がけに感謝しています。これからもその気持ちを忘れないでください。」)

 あなたも、このような経験があるのではないだろうか。その時、素直に「ありがとう。」という言葉でましたか。

 感謝の気持ちを率直に相手に伝える。これは、お互いに気持ちの良い事ですよね。

 布施をするときは、行う人の心、受ける人の心、そしてさしあげる物が三者共に清浄でなければならいということを仏教では教えています。       

0001快栄

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved
布施