袖する中も他生の縁


あなたは、この言葉を耳にしたことがあるかと思う。この言葉の意味は、ただ何となく袖と袖とをすり合う些細な人との縁も
「他生の縁」によって起こっている事を言う。

「他生の縁」とは、いま生きている今生(こんじょう)ではなく、前の生である前生(ぜんしょう)と次の生である後生(ごしょう)をさす。この言葉は、仏教で言う輪廻(りんね)、因果応報(いんがおうほう)の教えから生まれたものである。

このように考えると、単なる出会いでも深い意味を持っていることが受け止められる。

私は、電車を毎日利用する。そこで、ふと思うことがある。隣に座る方との出会いの確率である。この車両で私と隣り合わせになる確率は・・・。ざっと見渡して200人くらいの乗車客がいるから1/200か、でも全車両で2,000人いれば1/2,000か、でもこの席が空く確率は、その人がこの時間に乗る確率は等々考えていくと天文学的な確率になる。その中でのその人との出会いである。

良い出会い。悪い出会い。それぞれあるが、どちらでも無駄ではなく私に新しいものを教えてくれる。それはもう大切にしなくてはならない出会いである。あなたも、きっとそのように思われたことがあるかと思う。

人との出会いとは素晴らしいものである。人間は、けっしてひとりでは生きていけない。様々な人々のご縁が自分を支えてくれている。その分自分も他人を大切にしなくてはいけないことをこの言葉は押してくれている。

あなたも素晴らしい出会いと、ご縁を大切にし楽しく今生を過ごしてもらいたい。

0002快栄

Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved