直線上に配置
当寺は真言宗智山派に属し、総本山を智積院(京都市東山区)とし、開山以来の法灯を伝えております。当派には大本山成田山新勝寺(千葉県成田市)、川崎大師平間寺(神奈川県川崎市)、高尾山薬王院(東京都八王子市)、別格本山 高幡山金剛寺(東京都日野市)、大須観音寶生院(名古屋市中区)、出流山満願寺(栃木県栃木市)があります。
当寺の起源は富津市富津市史に拠りますと和銅二年(七〇九年)とされ、天和二年範順により再興されました。現在、範順を中興の祖とし二十二代その法灯を引き継ぎ仏法興隆と檀信徒の除災招福、ご先祖のご供養に勤めています。
 本尊様は、行基菩薩作の薬師如来です。当寺に伝わる縁起によりますと、本尊様は、『疫病が流行していた時、光を放つ木が数十日下州浦の沖合に流れていた。不思議に思った漁師達がその霊木を海岸に引き上げると光は夜も発してあたりが白昼のように変わった。たまたま、此の地にこられ行基菩薩がその木を使い、一刀三礼しながら二体作られ一体を医光寺にもう一つを江戸の茅場町の寺院に祀ったところ、疫病がようやく治まった。そして、薬師湯も出た』と伝えられています。

平成十五年第二十二世真栄僧正より法灯を引き継ぎ、その伝統ある教えを後世に伝えるシンボルとして大梵鐘を建立いたしました。

 合 掌

 住 職  中興第二十三世 快栄


                   Copyright (C) manisan ikouji.jp All Rights Reserved

摩尼山醫光寺縁起